お金を借りるには、どの業者がいいんでしょうか?

このページでは、お金を借りる方法について色々と紹介していますが、どういう業者を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

急いでいる方は、まずはネットから借入可能か診断してみることをおすすめします。

 

カードローン選びの参考として、是非利用してみてください。

 

アコム

アコムの特徴

★最短で30分の審査回答で、最短1時間での融資も可能です。

★土日祝でも審査がオッケーです。

★初めての方に限り、最大で30日間金利が0円です。

★安定した収入があれば、主婦やパート・学生でもOKです。

★派遣社員や自営業・農業の方でもご利用OKです。

★楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込OK!です。

★条件が合えば、担保・保証人不要です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

アコムは、老舗の信用とスピード力で、今スグの融資のニーズに応えるカードローンです。はじめての方でも30日間無利息なので安心して借り入れできます。3秒診断での借り入れ診断が便利です。

 

プロミスの特徴

★はじめての方は、初回の利用の翌日から30日間金利ゼロです。契約日からの換算でないので無利息期間が失効することがないのでとてもお得です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

★最短で1時間での融資もOKです。

★三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスが好評です。
(手数料も無料)

★条件が合えば、50万円まで収入証明不要です。

★紛失の心配のないカードレス※で契約することもできます。
(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。)

★女性が担当するレディースプロミス窓口も好評です。
(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスは「今すぐ」にこだわった人気のカードローンです。急ぐのであれば午前中に申込むのがベストですが、ネットで申込だけ済まして、最寄りの自動契約機に駆け込めば、当日中にすぐに借りる事も出来ます。緊急時の対応もスピーディーだから頼りになります。

 

主婦でも即日で審査可能な業者ってあるの?

 

どうしよう?

 

当サイトにご訪問ありがとうございます。
このサイトにいらした方は、カードローンの契約を検討されている主婦の方かと思います。

 

冠婚葬祭や医療費などの突然の出費、子どもの習い事やママ友のお付き合いなど、思わぬシーンでお金が必要になることがあります。
そんなときに専業主婦でも頼れるカードローンには、どのようなものがあるのか知りたいですよね。

 

カードローンは全く収入がないと契約が難しいと言われています。
なぜかというと消費者金融にかかる総量規制という法律で、貸し出しは年収の3分の1までと定められているからです。
それに煩雑な手続き書類や旦那さんへの在籍確認、審査までに時間がかかってしまうとしたら面倒ですね。
ましてや申し込んでも審査に落ちてしまうのでは?といった心配もあります。

 

当サイトでは、専業主婦でも利用できるカードローンの種類、気になる金利や審査、認められる収入にはどんなものがあるのか等々、融資を受けやすくするためのポイントを解説します。

 

主婦におすすめのカードローンも紹介しています。

 

急な出費に慌てない、スムーズにカードローンを組むためのノウハウをぜひ参考にしてくださいね!

がんばる♪

 

専業主婦でもカードローンは組めるのでしょうか?

専業主婦でもカードローンは組めるのでしょうか

専業主婦がカードローンを組めるか否か。それはその人によって大きく変わってきます。

 

ひとくくりに専業主婦と言っても、全く収入のない主婦もいれば、ポイントサイトや在宅ワークなどである程度はあるという主婦もいます。

 

ある程度の収入がある主婦の場合は消費者金融でも契約することができますが、全く収入がないとカードローンの契約は難しいでしょう。

 

なぜなら消費者金融は総量規制という法律で規制されており、年収の3分の1以上の貸し出しが禁止されているためです。

 

年収が少なくても契約したいのであれば、銀行のカードローンを選ぶと良いでしょう。

 

銀行のカードローンの中には専業主婦の場合、ご主人に連帯保証人になってもらう必要があるものもあります。

 

専業主婦が収入として申告するものの中には、ポイントサイトや在宅ワークの他にネットオークションなどを加えても問題ありません。

 

場合によっては事業として申告することで、高い限度額を与えられる可能性があります。

 

消費者金融の場合は50万円程度から収入証明書の提出が必要になりますので、高い限度額を希望するのであれば予め用意しておかなくてはなりません。


専業主婦でも借りられるカードローンにはどのような特徴がありますか?

専業主婦でも借りられるカードローンにはどのような特徴がありますか

専業主婦でも借りられるカードローンを探す時には、銀行で扱っているカードローンがオススメ。

 

消費者金融系のカードローンは総量規制といって、年収の3分1までしか貸せない仕組みになっています。

 

銀行は総量規制の対象ではないので、専業主婦で無収入の方でもお金が借りられるのです。

 

借りたい金額が大きくなると、配偶者の同意書や収入証明書の提出が必要になる銀行もありますが、契約金額を少なく設定した専業主婦のためのカードローンもあるので、そういう銀行を選べば専業主婦でも面倒な書類提出ナシでお金が借りられるようになります。

 

手続きをする前に申し込みたい銀行の口座を開設しておくと、カード発行までの手続きが簡単になり、ネットからの手続きだけで完了するので便利です。

 

よく使っている銀行があれば、新しく口座を開設する前に普段使っている銀行のカードローンを確認してみるのがオススメです。

 

いつもの口座を利用してインターネットバンキングと併用できれば、借りたお金は直接口座に振り込まれるので、使い慣れたATMからお金を引き出せます。


専業主婦のカードローンの金利は低いのでしょうか?

専業主婦のカードローンの金利は低いのでしょうか

専業主婦でも契約できるカードローンで低金利のものも存在しています。

 

消費者金融では収入の3分の1までしか借り入れできないため、全く収入のない専業主婦は契約することは難しいです。

 

しかし、銀行には収入による貸出制限がなく、さらに、銀行のカードローンで契約すると低金利となる場合があります。

 

金利は金融機関側の判断によって決定するので、普段預貯金をしている銀行であれば、預金口座が担保的な役割を果たし、収入が少なくても審査に対して有利に導くことがあるのです。

 

専業主婦がカードローンを契約する場合、旦那さんに連帯保証人となってもらう方法もあります。

 

そうすると専業主婦でも信用度が格段にアップし、限度額もある程度高くなった上で低金利の契約をすることも可能です。

 

金融機関によって専業主婦でも申し込めるかどうかは変わりますので、一度ホームページなどで確認した方が良いでしょう。

 

中には職業などで契約できる人を制限しているところもあるからです。


主婦でパートでもカードローンは利用可能でしょうか?

主婦でパートでもカードローンは利用可能でしょうか

パートとして働いている主婦だからこそ、いざという時に頼りになるカードローンを持っておきたいと考えるものです。

 

ところが時折「主婦だとカードローンの審査は通らないよ!」と言われてしまうことがあります。

 

しかし実際のところ、パートをしているのであればこそ主婦であってもカードローンを利用することができるのです。

 

そもそもどうして主婦が審査に通過できないと言われているのかと言うと、これは個人単位での収入がないことが理由でした。

 

総量規制がおこなわれるようになってからは、貸金業者から借りる場合の融資は個人の年収の3分の1までしか受けられなくなりましたから、これが原因で審査に通過しないと言われていたわけです。

 

ただ主婦でもパートとして働いているのであれば年収は0円では無いのですから、審査に通過できる可能性はあるのです。

 

残念ながら正社員ほどの高い評価をされることはほとんどありませんが、契約すること自体は不可能ではありませんから、いざという時に備えてひと通り契約しておくと安心ですね。


カードローンの種類は多いのでしょうか?

カードローンの種類は多いのでしょうか

主婦が借りられるカードローンの種類は沢山あります。しかし、一言に主婦と言っても収入の有無によって大きく分かれます。

 

収入が全くない専業主婦の場合は消費者金融でお金を借りることは不可能です。

 

銀行の一部のカードローンであれば融資を実施しているところもありますが、専業主婦向けのカードローンでは限度額が低く設定されています。

 

収入がある主婦の場合は、銀行も消費者金融でもカードローンの申込みができます。

 

色々な種類のカードローンがありますが、中でも女性専用のカードローンを用意している金融機関が審査に通りやすいでしょう。

 

同じ金融機関でも複数の種類のローンがあるところがありますので、申込みをする場合はどのローンに申込みをするのかしっかり確認してから行いましょう。

 

専業主婦で無収入の場合でも、安定した収入を配偶者が得ているのであれば契約できるものもあります。

 

ただしそういった種類のローンは全て銀行が提供しているものです。

 

総量規制がある消費者金融では、無収入の人への貸し出しは行えないのです。


主婦だと審査は厳しいのでしょうか?

主婦だと審査は厳しいのでしょうか

何らかの収入がある主婦の場合、カードローンを組むことができるのですが、継続的な収入を持たない主婦の場合は、借り入れの審査に通るのが非常に難しくなりました。

 

それは、2010年6月施行の改正貸金業法で総量規制が設けられ、借りることのできる金額の上限が年収の3分の1に定められたからです。

 

ただし、これに対しては、配偶者の同意を得ることができれば、同意書や結婚証明書などを提出することで配偶者貸付を受けることができます。

 

また、総量規制は、貸金業者に適用される法律であるため、これが適用されない銀行のカードローンであれば、収入のない主婦でもローンを組むことができます。

 

しかし、銀行のカードローンでも、やはり継続的な収入が審査に関わってくるものもあるため、継続的な収入のない主婦の場合は、こうしたカードローンは避ける必要があります。

 

また、もちろん収入以外の問題でも審査に落ちる可能性があるため、その点にも注意が必要です。


主婦でもカードローンは即日審査してもらえますか?

主婦でもカードローンは即日審査してもらえますか

財布のひもを握っている主婦にとって、即日審査してくれるカードローンがあったら便利だと思いませんか?

 

近所のママ友とのお付き合いがあったり、旦那さんの給料日前にピンチになったり、主婦には何かと大変な時がありますよね。

 

すぐ、お金を借りたい時でも大丈夫です。即日の審査にも対応できる心強いカードローンが味方になってくれます。

 

今はインターネットで手続きができる所が多いので、スマホから操作すればもっと楽に手続きができます。

 

パートやアルバイトをしている主婦なら、消費者金融系のカードローンが便利です。

 

消費者金融は即日の審査に対応している所がほとんどで、午前中に手続きすれば、その日のうちに結果が出るでしょう。

 

受付機の設置場所に出向いて、即日でローンカードが発行できる可能性大です。

 

専業主婦の場合は、旦那さんに収入があれば、銀行のカードローンが申し込めます。

 

旦那さんへの在籍確認もないので、内緒にしても大丈夫です。インターネット専業銀行なら振込キャッシングができることもあります。

 

店舗型の銀行なら直接窓口に出向いて申込手続きをすると、1時間位でローンカードを発行してもらえ、即日での借り入れができる場合もありますよ。


限度額はいくらでしょうか?

限度額はいくらでしょうか

主婦が借りられる限度額はいくらでしょうか。主婦とは、主に家事や育児をしている人のことを指しますが、現在ではフルタイムで正社員の仕事をしている人も主婦と呼ぶことがあります。

 

正社員で働いている主婦なら、カードローンの限度額に上限はなく、例えば限度額10万円から500万円のカードローンなら、最高額の500万円まで可能になると思われます。

 

ここでは家事や育児を主な仕事としている、一般的な主婦で考えてみたいと思います。

 

パートやアルバイトなどで働いている主婦や、専業主婦のカードローン限度額は30万円から50万円になっていることが多いです。

 

収入がゼロの専業主婦の人は、総量規制がある消費者金融では借りられません。総量規制対象外である銀行や信用金庫で借りるようにするとよいでしょう。

 

意外にも盲点なのが、信用金庫です。信用金庫は地域密着型であるため、知名度は低いですが、銀行と変わらない条件で借りられることもあります。

 

インターネットで調べている人は、カードローンといえば銀行で借りるものと思っている人が多いですが、信用金庫も選択肢に入れてみましょう。